スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダカールラリー 5連覇へトヨタ車体 予算減は情熱で克服(毎日新聞)

 南米で元日(現地時間)から始まったクロスカントリーラリーの最高峰、ダカールラリー(旧称パリダカ)で、トヨタグループのトヨタ車体(愛知県刈谷市)が市販車部門で史上初の5連覇に挑んでいる。世界同時不況でチームの経費が大幅削減されたうえ、トヨタ自動車のフォーミュラワン(F1)からの撤退も重なるが、グループの「国際的モータースポーツ最後の砦(とりで)」と意気込む。

 トヨタ車体は05年から出場、市販車を無改造で走らせる部門で4連覇中(08年は中止)。今回、市販車部門ディーゼルクラスに、09年大会(1月、南米)と同じ「ランドクルーザー200」2台が出場。アルゼンチンの首都ブエノスアイレスをスタートし、最大標高4700メートルのアンデス山脈を越え、チリのアタカマ砂漠を縦断。17日までにブエノスアイレスへ戻る約9000キロのレースだ。

 ラリーの経費は、1社年20億~30億円ともいわれる。市販車部門は車両の改造費が不要のため、少なくて済むというが、チーム関係者によると、不況に伴う業績不振で、今大会の経費は同じ2台が出場した09年大会の半分近くに削減された。チームメンバーも、09年の23人に対して今回は16人。大会前にアフリカのモロッコで2回行っていた計約1カ月間の特訓も今回は中止。秋に前哨戦として出場していたUAE(アラブ首長国連邦)ラリーも欠場した。

 だが、チームの士気は高い。危ぶまれた今大会の出場が実現したからだ。先月17日の壮行会で、ラリー車生産工場長は「F1撤退後、ダカールラリーは最後の砦」と激励。白井正年専務も「5連覇を果たし、オールトヨタの車づくりに対する情熱とロマンを全世界に示したい」と意気込んだ。

 同社によると、3日現在(現地時間)、市販車部門ディーゼルクラスで1号車が1位、2号車が3位に付けている。【安間教雄】

【関連ニュース】
ダカール・ラリー:アルアティアが総合首位に
自動車:ロマが首位 ダカール・ラリー始まる
今年の主な予定:2010年カレンダー
自動車:ダカール・ラリー アルアティアが総合首位に
自動車:トヨタ車体、ダカールラリー5連覇へ 壮行会にファンら200人 /愛知

エストニア語で日本のニュースを読む
夜の街
ライブチャット
競馬情報
現金化口コミ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

bjrlijag6pb4byug

Author:bjrlijag6pb4byug
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。